ダウ部長の生涯投資家として生きる。

ガチでリアルな資産運用ブログ。米国株・積立投資・為替

一般人ほど金銭感覚がおかしいから金が搾取され続けて貯金が貯まらないと思った話。ダイビング料金の例





ブログランキング
▸ 米国株ブログランキング

f:id:dowbucho:20180622182913j:plain

 

ダウ部長です。

 

私はつくづく思うのだが、賢明なる投資家の皆様とは違って、一般人ほど金銭感覚がおかしいと感じることが多々ある。

 

私は趣味でスキューバダイビングをするが、そこまで高い料金を払っていない。

例えば月に1回~2回程度、友達と自分達で車で近くの海に潜りに行くと、2本潜って大体7,000円~9,000円のダイビング代で済む。沖縄などのリゾートなどに行かない限り、何回も同じ海に潜るのに高い料金を払うのがバカバカしいからだ。

 

しかし、一般人は違う。都市型といわれる街中にあるダイビングスクールでライセンスを取得したあとに、同じく2本潜るだけで、基本的には38,000円くらい取られる。

そのような高額のフィーを払わなければいけないダイビングスクールでダイビングをし続ければ、当然一般人レベルで貯金なんて溜まるわけがない。

 

つまり私は8,000円で潜っているのと、彼らの潜っている38,000円の差額は30,000円となり、150本後には450万円の差がでる。

 

ちなみに定期的にダイビングをしている人であれば2年前後で150本くらいは潜る。

 

同じ海に潜るのに450万円も多く金を払うのは明らかに何も考えてない証拠だ。

 

ではなぜ彼らはそこまでして大金を支払って、貯金を削ってまでダイビングスクール行き続けるのだろうか。理由は簡単である。

 

何も考えてないやつは業者のいいカモだからだ。

 

ダイビング業者と仲良くなればなるほど信者になり、友達や他のダイビングサービスに行くことに罪悪感を感じるようになりドツボにハマって金を搾取され続けるのだ。

 

ダイビング器材なんかもネットで買えばかなり大幅に安く買えるのに、「他で購入した器材は使用禁止」などど言って1円の値引もない定価で買わされたりする。しかも業者が売りたい、業者の利益のたっぷりとのった商品しか購入させてくれない。

 

ちなみにそのようなショップでダイビング器材を揃えると120万円くらいかかる。自分で買えば35万円前後で揃う。

上記のダイビング料金450万円+器材代120万円で570万円は吸収されている。

 

業者からするとそんなにジャブジャブ金を支払ってくれるやつは、おいしすぎてカモ中のカモなので、とにかく優しくしたり仲良くして意地でも他に行かないように頑張るに決まっている。

 

570万円貯金があるのと、同じダイビングをするのに大金を支払いまくるか、どちらが賢明かよく考えるべきだと思う。

 

しかし、一般人は何も考えていないのでそれでもジャンジャン金をつぎ込むのだ。

そんな金銭感覚無いやついないだろう!?

と思うかもしれないが、これは実話である。

 

お金のない一般人の得意技はタネ銭の節約である。100円、200円などの小額でも徹底的に節約をすることは良いことだ。しかしながら、金の増やし方と使い方を知らないから結局頭のいい人達に搾取され続けるのである。

 

これが一般人の金の貯まらない一つの要因である。

 

賢明なる投資家の我々は節約、投資、再投資を知っている最強の民族なのだ。

 

そして、一般人には理解できない「資産を買い入れる」という究極に地味なことが大好きなドMなのである。

 

 

人気ブログランキング

米国株ブログランキング

 

 






                Copyright © ダウ部長の生涯投資家として生きる。 All rights reserved.