ダウ部長の生涯投資家として生きる。

ガチでリアルな資産運用ブログ。米国株・積立投資・為替

【サラリーマン】会社に搾取され続けて頑張りが自分の資産にならないから、自分の為に頑張るほうがいい話。





ブログランキング
▸ 米国株ブログランキング

f:id:dowbucho:20180616145414p:plain

 

ダウ部長です。

 

私も含め、サラリーマンの方は多いと思うが、会社に勤めているということ自体が自分の為ではなく会社の為に働いているということをよく心得たほうがいい。

サラリーマンはいくら会社で成績を上げても、それを会社に上納しているだけだ。

会社からすると、あなたの給料はあなたが上げた利益では無くあなたをグリップしておく為のタネ銭なのだ。

 

先日の記事でも書いたが、会社に勤めて働くこと意外で、自分で金を稼ぐことができない人は一生会社に依存して生きていく。

 

現在会社に勤めて10年も経って、会社に頼らず稼いで生きていくことができないと思った人は、10年間の働きは全て会社に吸収されているのと同じだ。

 

今まで働いてきた頑張りは全く自分の資産になっていない。

 

悲しいかもしれないがこれが現実だ。

 

そもそも例えば月給30万円でそこから税金を払うのは当たり前だと思っているかもしれないが、これは詐欺である。

会社の為に仕事をする以上固定の報酬をもらって当たり前だからだ。

つまり会社の為に働いている以上、税金や保険の支払いなどは会社が負担するべきであり、従業員には手取りでの勘定をするべきだ。

 

これは会社と国ぐるみで会社にいれば金がもらえると思っている甘ったれたサラリーマンから根こそぎ金を搾取する手段なのだ。

 

上記は私の実際の賞与の明細だが、263万円も税金で引かれる。

ありえなくないか?

40%も引かれるとかキチガイでしかない。

私が会社の為に頑張った報酬を私は会社からもらえていない。

 

263万円も引かれる気持ちがわかるだろうか。

 

でも会社は支払ったと言う。

 

サラリーマンをいくら頑張っても金は残らないのだ。

 

はっきり言うが、国と会社はサラリーマンを金持ちにする気は800%無いという事実だ。

 

しかしながら、青色や個人事業主や資産管理法人などは手残りが全然違う。

 

なぜならば片っ端からほとんどの物が経費にできるのと、法人税なのでサラリーマンより税金が安いからだ。

 

手残りに圧倒的な差が出る。

 

決定的な差である。

 

サラリーマンでできる節税などほとんど無い。

たまに赤字の不動産を買って節税だとか言っている人がいるけど、それは失敗するからやめた方がいい。

なぜなら、赤字の不動産=収益回っていないということなので後で誰も買い手がつかないから永久保有もしくは手出しをしないと売れないからだ。

もう一つは、利益計算において利息分が最初は多いがローン支払いをしていくと利息が減って利益が増えるので、実はそのうちプラ転して節税にならないからだ。

 

私もそうだが、超高給取り以外のサラリーマンでは貯金だけでお金持ちになるのはまず無理なので、早いうちから投資や株、金融の知識をつけたりして自力で稼げる術を身に着けるべきだ。

 

そして私は法人名義で個人投資家として生きていけるようにしていきたいと思っている。

なぜならば投資家であればマーケットが仕事場なので、レバレッジをかけて会社を興したり、社員を雇ったり、設備を入れたり、借金をする必要が無いからだ。

だってぶっちゃけトレードで一日1万円稼げれば生きて行けるわけだから。

 

最初は小さくても結局は自分の為に頑張った人が、結局最後には成功している。

 

あなたの社長はあなたの為に存在しているのでは無い。社長が儲かる為にいるのだ。

 

誰のために頑張るかしっかりと考えるべきだ。

 

 

人気ブログランキング

米国株ブログランキング

 

関連記事:

サラリーマンは将来を真剣に考えよう。今からリストラ対策や資産運用など手に職を。ドイツ銀行リストラ策定1万人から考える。 - ダウ部長の生涯投資家として生きる。

 

あとで手遅れになる前にサラリーマンは会社にいるうちから副業を始めたほうがいい。 - ダウ部長の生涯投資家として生きる。

 

会社で(の為に)働いて一生を費やしてサラリーマンをすることが美徳だと本気で言う人は相当やばい。 - ダウ部長の生涯投資家として生きる。

 






                Copyright © ダウ部長の生涯投資家として生きる。 All rights reserved.