ダウ部長の生涯投資家として生きる。

ガチでリアルな資産運用ブログ。米国株・積立投資・為替

【仮想通貨】情けなさすぎる仮想通貨投資家の希望的観測





ブログランキング
▸ 米国株ブログランキング

f:id:dowbucho:20180613142732p:plain

 

私だ。

 

なぜ素人はこれまで株や為替を一切勉強したこともないのに、急にお金持ちになれると錯覚して仮想通貨市場にジャブジャブとカネを捨てるのだろうか。

その理由は、誰でも、簡単に、楽して、勉強しないで金持ちになれると思っているからだ。

タネ銭程度の少額でトレードしてみるレベルならわかるが、大金を一心不乱に投じているチンチロリンの連中は正直かなり話にならないレベルだ。

 

私はいつもこう言っているが、

例えば一般人のサラリーマンレベルで40歳時点での貯金が300万円だとすると、もう一度300万円貯めるのにはあと40年かかることになる。

それだけ大変なのだから増えること意外に使うなと。

 

仮想通貨を購入する理由はこのような意見が圧倒的に多い。

 

「どこどこで使われるようになる」

「どこどこの会社でも送金するらしい」

 

完全にど素人の意見である。

 

投じたコインが上がると思っているのは、はっきり言ってそうなってほしいという希望的観測に過ぎない。なぜならば、仮想通貨など歴史も正確なファンダメンタルズもないマーケーットで合理的な推測などできるわけがないのだ。

 

そもそも、企業間での支払いが形上は可能になったとしても残念ながら実際に企業間での支払いや小売業などで実需として利用されることは当面は100%と言えるくらいありえない。

なぜならば、ボラティリティが高すぎて支払いを受けた側が損する可能性が高すぎるからだ。

例えば1,000万円の支払いを受けた側は市場価格によっては8,000万円にしかならない可能性がある。そのような場合、支払いを受ける側はコインで支払いを受けるメリットは1ミリもないので今までどおり現金で支払を受ければいいだけである。

 

仮に、支払を受けたコイン価格が上がれば、支払いを受けた側は得をするかもしれないが、それはただのギャンブルに過ぎないので企業側はそのようなことはするはずがない。そのようなギャンブルをするくらいならば今まで通り現金で支払を受ければいいだけである。

 

為替市場で一日に1円も動いたらかなり大事なのに、30円、50円、100円とか当たり前のように動く市場を実需で使うバカな企業がいるはずがないので、当面は投機筋の対象でしかないことくらい考えただけでもわかる。

 

また、先日に書いたフィリピンの詐欺コインはフィリピン政府が一切関与していないとのことでハッタリだったことが確定したわけだが、それでもまだ購入者の洗脳は解けておらず、今後コイン価格がめちゃくちゃ上がると信じている。

正直やばいよね。。。

 

まあ、仮想通貨のようにデリバティブ中のデリバティブのような商品は鬼難しいから、株や為替で投資経験を積んでメンタルが鍛わってからじゃないと初心者は負けるから気をつけたほうがいい。

 

自らの手で負ける敗者のゲームにならないようにしたい。

 

 

人気ブログランキング

米国株ブログランキング

 

 

関連記事:

【仮想通貨】カモられる残念すぎるナウい仮想通貨投資家 - ダウ部長の生涯投資家として生きる。

 






                Copyright © ダウ部長の生涯投資家として生きる。 All rights reserved.