ダウ部長の生涯投資家として生きる。

ガチでリアルな資産運用ブログ。米国株・積立投資・為替

【米国株ETF】賢明な投資家の簡単で最強の投資法の一つはコストの低いETFを保有し続けること。





ブログランキング
▸ 米国株ブログランキング

f:id:dowbucho:20180606234856p:plain

 

ダウ部長です。

 

一つの限りなく正解に近い投資法がある。

 

米国株式市場に連動するインデックスファンド、ETFを保有し永遠に保有し続けることだ。

そうすることによって、米国市場から生み出されるリターンのすべてを投資家の保有割合に応じて公平に、保有している限り永遠に米国市場全体からリターンを享受し続けられるからだ。

 

信じられないかもしれないが、今から約91年前の1926年にS&P500に投じた10,000ドル(100万円相当)は配当を再投資しないで2017年までに1,700,000ドル(1億7,000万円相当)になった。

そして、配当を再投資すると最初に投じた10,000ドルは2017年までに59,100,000ドル(59億円相当)になったのである。これはS&P500からのリターンだけである為、自らの給料などで買い増しをすればもっと短い期間で資産を築けるのは言うまでも無い。

また、配当金があるファンドを選択することは必須となる。

上記の1926年からのリターンのうち、42%前後は配当金によるリターンだからだ。

 

アメリカの株式投資が趣味なガソリンスタンドの店員が35歳くらいから始めた株式投資で、他界するまでに9億円以上の資産を残したのも複利の効果を利用してフルインベストメントで投資してきたからである。

 

f:id:dowbucho:20180607153705p:plain

 

また、直近では18年前の2000年からIVV(S&P500連動)に投じた10,000ドル(100万円相当)は配当を再投資しているだけで今日までで26,864ドル(268万円相当)+168.6%になった。

これは約2.6倍になったわけだが、甘く見てはいけない。なぜならば5,000万円を投じていれば配当を再投資しているだけで1億3,000万円になっているからだ。

もちろんこれに追加資金を投入していけば強烈なまでに増えていくから、上記のように2.6倍にするまでに18年もかからなかったことになる。既にある程度資金がある人からすれば1億に増やすことは実はそこまで難しい話ではないのかもしれない。

 

f:id:dowbucho:20180607160434p:plain

 

当然だけど経費率は低いほうがいい。

そもそも、なぜ経費率が低いほうがいいかって実はよくわかってない人もいると思うが、例えば年間の実質リターンが4%だとして、経費率が0.5%だと投資家が得るリターンは3.5%になるからだ。

また、経費率ともう一つのコストは売買手数料である。我々のような個人投資家であれば毎日毎日頻繁に売買をする必要はないので、毎月、数ヶ月に一度、もしくは半年に一回の買い増しで十分なので余計な売買コストは自らのリターンを押し下げる要因になるので、一度保有したら黙ってればいいだけなのである。

 

ファンドの実績どうこうにかかわらず、経費率は必ずかかってくる。下落相場や暴落時などは生み出されるリターンが低いにもかかわらず経費率はかかってくるから最初から経費率の低いインデックスファンドやETFを選択しておくことが最良である。

 

つまり、ファンドの経費率と売買コストを最小に抑えることが、リターンの最大化に直結するのである。

皆様の私生活で毎月の支払を少なくしたほうが、手残りが多いのと同じことである。

 

f:id:dowbucho:20180607162956j:plain

 

ではなぜアクティブに頻繁に売買をして、フェイスブックやネットフリックスのような時代を時めくナウい銘柄に投じれば市場平均を出し抜けると思っている投資家がいるのだろうか。彼らは市場平均を上回ることは可能なのだろうか。

 

高速道路をイメージするといい。

 

こんな経験は無いだろうか。

 

今センターの平均速度のレーンを走っている。

左レーンには遅い車、右レーンはキチガイなくらいのスピードで追い抜いていく車。

 

高速道路を降りた信号で前には右車線を抜かしていった車が信号待ちをしていた。。。

 

短期的には市場平均をアウトパフォームできたとしても、長期的には市場平均から乖離しすぎた場合は平均に回帰するようにできているのだ。

なぜならば株式市場全体の動きこそが、市場平均であり、そこからかけ離れた動きをしようとする者と、反対には真逆の動きをするものがいて綱引きをしているのだ。

つまり平均にいればどちらにも、もってかれることはないわけである。

先ほどの高速道路の例で言えば、結局は平均に追いつかれるのだ。

 

ちなみに言うと、どうせ買うなら円高局面でしか買わないほうがいいのでは?と思うかもしれないけど、それは気にしなくて大丈夫だ。

なぜならば、ランダムに買うことによって結局はドル高安の平均に落ち着くからだ。

 

アクティブファンドのファンドマネージャーが市場平均に勝てない様に、一般レベルの個人投資家が長期的に市場平均を出し抜くことは非常に困難であることは言うまでも無い。

 

賢明な投資家になるかナウい投資家になるかよく考えるべきだ。

 

こんなにも簡単で最強の投資は他には見当たらない。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 資産運用(投資)

 

 

関連記事






                Copyright © ダウ部長の生涯投資家として生きる。 All rights reserved.