ダウ部長の生涯投資家として生きる。

ガチでリアルな資産運用ブログ。米国株・積立投資・為替

【米国株セクター11種】徹底解析!英語表記と主な銘柄。わかりにくい表記やカテゴリーもまとめた。





ブログランキング
▸ 米国株ブログランキング

ダウ部長です

米国株をセクター別に11種類と英語表記、代表的な銘柄を書いておいた。

基本的には以下の11セクターになる。

が、しかしこれがまた厄介で、見るサイトによって表記が違ったりするので何種類か書いておいた。今後新しい表記を発見したらコッソリと更新しておく。


 

米国株セクター11種類 主な銘柄

1、情報技術 Information Technology

  (AAPL、MSFT、FB、GOOG)

2、金融 Financial

  (AXP、V、JPM、BRKB)

3、ヘルスケア Health Care

  (JNJ、PFE、ABBV、MDT)

4、生活必需品 Consumer Staples

  (PG、KO、PEP、PM)

5、エネルギー Energy

  (XOM、CVX、SLB、COP)

6、公益事業 Utilities

  (NEE、DUK、SO、AEP)

7、不動産 Real Estate

  (AMT、SPG、CCI、PLD)

8、電気通信 Telecommunications

  (T、VZ、CTL、CHT)

9、一般消費財・サービス Consumer Discretionary

  (MCD、NKE、AMZN、DIS)

10、資本財・サービス Industrials

  (MMM、BA、GE、UTX)

11、素材 Materials

  (DWDP、PX、MON、VALE)

※Basic Materials 

  (XOM、CVX、PTR、EC)

※Conglomerates

  (IEP、HRG、MMM、GE)

 


 

また、サイトによっては

・ Basic Materials(ベーシックマテリアル)※主にエネルギー

・Conglomerates(コングロマリオット) ※いろんな事業をやってる会社

が出てくるが上記に記載した通り、

Basic Materialsは基本はエネルギーや石油関連になる。

要は石油、原油を資源として何かを生産しますよ。ということだ。

XOM(エクソンモービル)やCVX(シェブロン)はエネルギーセクターだが、Basic Materialsにも分類される。

 

Conglomeratesは複合企業と言って、例えばMMM(ジョンソン&ジョンソン)やMMM(スリーエム)のようにいろいろな事業をやっている会社のことなので一部こちらに分類されるので重複する場合があるが、基本は以下の11種類のセクターに分類されている。

 

米国株セクター11種類 主な銘柄 一覧表

  セクター 英語表記   主な銘柄  
1 情報技術 Information Technology   AAPL MSFT
    Technology   FB GOOG
           
2 金融 Financials   AXP V
    Financial Services   JPM BRKB
           
3 ヘルスケア Health Care   JNJ PFE
        ABBV MDT
           
4 生活必需品 Consumer Staples   PG KO
    Consumer Defensive   PEP PM
           
5 エネルギー Energy   XOM CVX
        SLB COP
           
6 公益事業 Utilities   NEE DUK
        SO AEP
           
7 不動産 Real Estate   AMT SPG
        CCI PLD
           
8 電気通信 Telecommunications   T VZ
    Communication Services   CTL CHT
           
9 一般消費財・サービス Consumer Discretionary   MCD NKE
  (一般向け消費商品) Consumer Cyclical   AMZN DIS
    Consumer Goods      
           
10 資本財・サービス Industrials   MMM BA
  (企業向け消費商品)     GE UTX
           
11 素材 Materials   DWDP PX
  (化学系)     MON VALE
           
  Basic Materials   CVX XOM
        PTR EC
           
  Conglomerates   IEP HRG
        MMM GE

 

 

また、この米国株11セクターの中でも特に覚えにくいのが以下だ。

9、一般消費財・サービス Consumer~ ※一般向け消費商品

10、資本財・サービス Industrials ※企業向け消費商品、高額

11、素材 Materials ※化学

この3つは※のように覚えるとわかりやすい。

 

9のナイキや、マクドナルドの販売先は一般者になるが、10のボーイング、ゼネラルエレクトニック(飛行機のエンジン)などはどちらかと言えば企業相手だ。

まさか一般人でボーイングを買うやつはいないだろう。

いや、将来買えるように頑張りたい。

 

4、9、Consumer系は、Consumer StaplesとConsumer Defensive以外はすべて

「9、一般消費財・サービス Consumer~ ※一般向け消費商品」

になる。

 

エクセルに貼り付ければ自由にスクリーニングできると思うからご自由にどうぞ。

 

 

関連記事






                Copyright © ダウ部長の生涯投資家として生きる。 All rights reserved.