ダウ部長の生涯投資家として生きる。

ガチでリアルな資産運用ブログ。米国株・積立投資・為替

【FX】FXで9割の人が負けると言われているのは、なんとなく論の極みの発言でしかない話。





ブログランキング
▸ 米国株ブログランキング

ダウ部長です。

FXの世界ではよく「9割の人が負けている」などといわれている。

しかし、どこからこの9割を算出しているか答えられる人は間違いなくいないはずだ。

むしろ絶対にと言えるくらいそれを算出するのは不可能だからだ。

相場の世界では、いつ、どこで、誰が、相場を動かしたかは誰にも絶対に100%わからないからだ。

これはヘッジファンドや大口機関投資家でもわからない。

つまり「9割の人が負けている」などという発言はなんとなく論でしかない、全く信憑性のない発言でしかない。

そんなこと言っているやつは大抵、どっかでその発言を聞いたり、耳にしたので9割の人が負けているからといったことを理由に自分の仕向けたい方向に持っていきたいだけだ。

「9割の人が負けているんですよ!!!」

などとゴリ押ししてくるやつがいたら、はっきり言ってそいつは信用できない。

なぜならば、そいつはなんとなく論で話をする人だからだ。

せめて

「ま~9割負けるってよく言われますもんね~」

くらいに言っているやつの方がまだいい。なぜなら客観的に見ているからだ。

 


 

また、一年に一回しかない資格の試験などがあるが、長年私は人間観察をしてよくわかったことがある。

それは

勉強していなくても、落ちるとわかっていたとしても、申込んでしまった以上試験を受けに行く。

という事である。

日々仕事に追われ、申込んだはいいが試験代を払ってしまった以上試験を受けなければ損だと思っているのである。

しかしはっきり言ってそれはかなり低レベルの考えだからやめたほうがいい。

成功する人の思考ではない。

勉強しなかった以上絶対に落ちるんだから、行く意味がないので、それを機に反省して次はそんなことはしないと誓わなければいけない。

行っても絶対に試験代も回収できることはない。

そしてその結果、ちゃんと勉強していなかった連中が合格率を引き下げるのだ。

これがFXでいうと大衆の勝率になる。

しかし、その中でもしっかりと試験に受かる人もいる。

受かる人も落ちる人も試験の問題は一緒なので、しっかり勉強した人は合格する。

 

つまり、ちゃんと勉強していない連中はいとも簡単に負け、しっかり勉強した連中はそれでも勝つのだ。

 

これはトレードや投資でも同じことがいえる。

しっかりやれば勝つ。

しっかりやらなければ簡単に負ける。

しっかりやってない連中の発言を信じる必要は全くない。

END

 

 

関連記事






                Copyright © ダウ部長の生涯投資家として生きる。 All rights reserved.