ダウ部長の生涯投資家として生きる。

ガチでリアルな資産運用ブログ。米国株・積立投資・為替

【為替相場】ドル円、ユーロドル しっかりとテクニカルが効いているので見極めて利益を出していこう。





ブログランキング
▸ 米国株ブログランキング

ダウ部長です。

ドル円、ユーロドル、ともにしっかりとテクニカルが効いている相場だ。

短期トレードをする際はしっかりと見極めていきたい。

ドル円については110円が心理的節目となっていたが、二回試すものの109.43円付近まで戻したが大きく上昇し、現在110.50付近が心理的節目だと思われる。

110円付近のレジスタンスがしっかりとサポートになって効いているので、今からであればもう一度レジスタンス付近での反発を確認してからロングをしていきたい。

私個人的には6月のFOMC金利発表までは日米金利差によるドル買いが進むのではないかと読んでいる。

IMMドル円先物のポジションもずっと円売りだったが、いったんプラマイゼロに戻ってから、少しずつ円売り傾向に戻ってきている。

また、先日までレンジの中間をウロウロしており、私が先日の投稿を終えた後に中間のラインを引いており、ロングでエントリーしようと思っていたが、会社のやつと飲みに行ってしまったので見逃した。w

夜12時くらいから上昇をはじめていた。

中間でしっかりとロングをしていれば80pipsくらいは獲れた相場だった。

ドンピシャでテクニカルが効いていたので非常に残念である。

 

f:id:dowbucho:20180517011134p:plain

 

f:id:dowbucho:20180517013056p:plain

 

ユーロドルについても1.182付近がレジスタンスとなるが、現在はかなり下まで下がってきており、ショートも相当溜まっているのでこの下落相場がどこまで続くのかといった懸念はあるので気は抜けない。

エントリーするならばしっかりと引き付けてからショートをしていきたい相場だ。

基本的にはしっかりと自分にとって最高に有利なポジションがとれたときだけエントリーすれば十分に利益は出せる。

相場は逃げないので焦る必要はない。

しっかりと見極めていこう。

 

 

関連記事






                Copyright © ダウ部長の生涯投資家として生きる。 All rights reserved.