ダウ部長の生涯投資家として生きる。

ガチでリアルな資産運用ブログ。米国株・積立投資・為替

【為替】ドル円 ユーロドル相場の現状の把握。ドル円はしっかりと見ていこう。





ブログランキング
▸ 米国株ブログランキング

ダウ部長です。

今週も相場が始まった。

先週の値幅としては約108.8円~110円だったが、110円付近で反発すると現在の109.3円、約70pipsくらいの短期的な下落をして現在もみあいとなっている。

テクニカルを見ると、現在約108.6円~110円のレンジ相場となっており、レンジの真ん中付近をうろうろしているので方向感が無い。

このような場合は注意が必要だ。レンジの高値下値をもう一度試すときが来るのでしっかりと待ってひきつけてから確実に固めてからエントリーしたほうがいい。今現状の中途半端な位置でエントリーする必要はない。

自分にとって都合のいい場所、そしてロスカットが少なくてすむ場所でしっかりと根拠が固まったらエントリーすれば十分だ。

直近でもドル円の下値でロングを打っていれば利益を出せた相場となった。

 

ドル円 30分

f:id:dowbucho:20180514122721p:plain

 

ユーロドル 1時間

f:id:dowbucho:20180514122842p:plain

 

ユーロ円 1時間

f:id:dowbucho:20180514123208p:plain

 

また、ユーロドル、ユーロ円の関係も見るとユーロ買いが強まっているので相関性もしっかりと見ていきたい。

今週の大きな指標としては以下があるが、その他でもたくさんあるので指標発表時はしっかりと見送るのも大切だ。

・米国4月小売売上

・日銀1-3月期四半期GDP、4月消費者物価指数

・英国4月雇用統計

・豪4月雇用統計、1-3月期四半期雇用コスト指数

 

しかしながら、必要以上に神経質になってファンダメンタルズを気にしなくてもいい。

なぜならば短期トレードでは一つの大きな波、スイングローからハイまでをしっかりと狙って獲ればいいからだ。

しっかりとテクニカルが効いている部分だけでエントリーすれば十分利益は出せる。

ロスカットが15pipsにおける位置でエントリーできれば3万通貨でも損失は4,500円だ。

 

私はいつもリアルでガチな投資家としての意見を書いている。

そこらへんから情報を集めて記事にしているアフィリエイターのような薄っぺらい中身の無い記事を書いているつもりは一切無い。

皆様には本音ベースでの相当有益な記事を提供しているつもりだ。

共に頑張ろう。

 

 

関連記事






                Copyright © ダウ部長の生涯投資家として生きる。 All rights reserved.