ダウ部長の生涯投資家として生きる。

ガチでリアルな資産運用ブログ。米国株・積立投資・為替

若手社員が仕事で稼ぐためには会社の近くに住むべきだ。





ブログランキング
▸ 米国株ブログランキング

企業オーナーなどの成功者の人は自宅から30分以内に住んでいることが多いというデータがある。

これはお金があるから会社から30分以内の場所に住んでいるのか、自宅から仕事場までの移動時間などを少なくできるので仕事のパフォーマンスが上がるから仕事場の近くに住んでいるのかというところだが、圧倒的に後者の理由の方が大きい。

事実、私も直近で年収が2,200万円を超えたことがあったが、入社してから会社から徒歩10分以上離れたところに住んだことはない。

実際は一度だけ吉祥寺に住んで、一時間くらいかけて通勤したことがあったが、中央線と山の手線の朝の電車の無意味さが半端ないので3か月で会社の近くに引っ越した。

それからは最高に仕事に打ち込める環境が整った。

 

特に若くて未婚のうちはガンガンに仕事して結果を出しまくって給料をたくさんもらわないとダメだ。

残業や、休日出勤など絶対にしたくないなんて言っているうちは時間を切り売りして働いているアルバイトと変わらないのではっきり言って仕事で結果を出すことは相当難しい。

なぜなら、他の社員も同じ考えだからだ。

俺は違うと思っていても、結果周りの社員と同じことをしていたら結果も出ないし出世もできないに決まっている。

当然、通勤時間は短い方が圧倒的に有利だ。

帰りの電車の時間などが近づいてきてもソワソワしないで仕事に集中できる。

歩いて帰れるからな。

上司の飲みの誘いも余裕で行けるから高感度も上がる。

会社の近くに住むなんてありえない!考えたくもない!

と言っている人をたまに見かけるが、悪いけど絶対に出世はしないだろう。

 

f:id:dowbucho:20180508123947j:plain

 

私は立場上、過去に何度もこれから一人暮らしをすると言っている若手社員にアドバイスをしてきた。

・会社から徒歩10分以内
・もしくは会社から5駅くらい以内で、最寄り駅から5分以内。
・一生住むわけじゃないんだから贅沢を言うな。

にしろと口をすっぱくして言ってきたが、本質をわかっていないやつばっかりだったので皆言うことを聞かずに失敗した。

どうせ引っ越すなら人生で最も時間を使う仕事が効率よくなるようにした方がいい。

しかしそれがわからないやつがたくさんいる。

物事の本質が分かってないのだ。

一生住むわけじゃないので、何を最優先するかをよく考えるべきだ。

全てなんとなくと感情で決めているのを自分でわかっていない。

どうせ引っ越すのに最寄り駅から徒歩15分もかかるオシャレな家賃の高いマンションにする。

で、そういうやつはみなこう言う。

実家よりは近くなった。(距離的には)

。。。

意味あるだろうか。

直線距離が近くなっても移動が手間なら意味はない。

雨の日は駅に行くまでに濡れるし自転車も使えない。

どうせ引っ越すならもっと有利なことを考えた方がいい。

 

徹底して会社を利用して最高のパフォーマンスを発揮して稼いで、全額投資に回すが正解だ。

本質を理解して行動すれば年収1,000万円なんて割と稼げるもんだ。

 

 

関連記事






                Copyright © ダウ部長の生涯投資家として生きる。 All rights reserved.