ダウ部長の生涯投資家として生きる。

ガチでリアルな資産運用ブログ。米国株・積立投資・為替

【4月のアノマリー】 円安になりやすい!?





ブログランキング
▸ 米国株ブログランキング

ダウ部長です。

相場ではアノマリーという、根拠はないんだけどある一定時期になぜか発生する事象があります。

3月は機関投資家(大企業、輸出、輸入企業)の決算の関係で保有している外貨などを一度調整する為に円高になりやすいと言われています。

そして4月は決算後、GW前ということもあり、円買があまり活発ではないのか、円安に振れやすいといわれています。

そこで、2012年からの4月のドル円相場を確認してみました。

あくまでもチャートのローソクを目視ベースで計っただけなので正確ではないかもしれませんが。

4月の始めと最終のローソクの終値で計りました。

確かに途中で円安、円高傾向はありますが結果としては円高で終わった4月の方がい多いという結果になりました。

4月は円安になりやすいというアノマリーはただのハッタリであまりアテにならないかもしれないので、気にせずトレードしたほうがよさそうです。

 

結果としては以下のとおりとなりました。

数値はポイントです。

2016年の四月が約112.50円から始まり、終盤で一度戻すも、結果-6141ポイント(6.14円)とかなり大幅な値動きとなりました。

この下落要因としては、日銀が2%の物価目標の達成時期を先送りした、つまり金融政策の維持を継続するという結果となり円が買われたと思います。

 

【結果】

2012 -3051 円高

2013 3149 円安

2014 -988 円高

2015 -768 円高

2016 -6141 円高

2017 107 円安

 

 

2012

f:id:dowbucho:20180417164044p:plain

 

2013

f:id:dowbucho:20180417164114p:plain

 

2014

f:id:dowbucho:20180417164131p:plain

 

 2015

f:id:dowbucho:20180417164154p:plain

 

2016

f:id:dowbucho:20180417164207p:plain

 

2017

f:id:dowbucho:20180417164235p:plain

 

2018 現在

f:id:dowbucho:20180417164254p:plain

 

 

そして2018年今現在のドル円相場は中期的には上目線でいいと思いますが、トランプに振り回されている状況です。107.8付近のゾーンを確実に越えてくるようであれば確実ですね。

米国利上げと日本の金融政策継続による金利差もありますしね。

 

END

 

 






                Copyright © ダウ部長の生涯投資家として生きる。 All rights reserved.