ダウ部長の生涯投資家として生きる。

ガチでリアルな資産運用ブログ。米国株・積立投資・為替

会社で(の為に)働いて一生を費やしてサラリーマンをすることが美徳だと本気で言う人は相当やばい。





ブログランキング
▸ 米国株ブログランキング

 ダウ部長です。

 

何のために働くのか。

そう、それは金のためです。

金を稼がないと生活できないので稼がなければいけません。なので、自分で稼ぐ能力がない人は会社に勤務して会社から給料を貰わなければいけません。

これまでの人生で会社に勤めて給料を貰うことが普通だと思ってる人は実は相当やばいので、なにかの縁でこの記事にたどりついた人はラッキーですので、もう一回深く考えてもらえればと思います。

私はこの世の中で個人投資家として生きていくことが、もしくは生きていけることが実は一番安全だと思っています。

 


 

例えば、会社に一生を捧げて勤めても月給30万円程度しかもらえないとすると、それはかなり自分という人的資本を無駄にしていますし、究極に自分を捨てているようなものです。

だって自分の一生を会社に捧げます!と確約して、たった月給30万円くらいしか貰えないんですよ。超ムダというかもったいなくないですか。自分の人生のおそらく70%くらいはその会社に捧げることになると思います。たった30万円の為に自分の一生を差し出すわけですから。

しかも会社が倒産したり、リストラにあったり、自分のせいでなくても何かの外的要因で会社を辞めることになった場合どうしますか?

おそらくほとんどの人は他の会社で働くでしょう。

履歴書書いて、面接で頭下げて働かしてください!と言うでしょう。

これこそが会社に依存しているという事です。

結局、会社に依存しなければ1円たりとも稼げないのです。

会社に依存してはいけません。

それが当たり前だと思ってはいけません。

自分で稼ぐ本当の能力を持たなければいけません。

 

一度会社に依存するとなかなか私の言っている意味がわからないと思います。特にサラリーマンは。しかし、そのままではあなたは間違いなく一生何も変わらない人生を続けることになりますので真面目に考えたほうがいいです。

 


 

成功者が生まれるのはいつからでしょうか。

答えはゼロからです。

 

将来メジャーリーガーを目指している少年がいます。

時間だけはめちゃくちゃあるので、毎日毎日とてつもない時間を永遠と野球の練習を頑張れます。

自分の将来とビッグな夢のために。

月給30万円のためではありません。

少年には住宅ローンもありません。車も保険も支払もローンもありません。

つまり、マイナス面はほぼ無い状態で究極に将来の利益(夢)を追求していけるのです。

この状態がもっとも将来の可能性を秘めた状態です。

成功するまでこの状態を維持し続けなければいけません。

最初は利益は少なかったりするかもしれない。だけどリターンは無限大なのです。

だってマイナスはほぼ無いわけですから。

一般的なサラリーマンでは最初から限界がわかっているんですよ。

頑張るだけもったいないですよ。

 


 

どうせ頑張るんだったら自分の為に頑張ったほうがいいです。

 

世の中の成功者はそういうところから生まれてます。180%間違いなく。

俳優、女優、スポーツ選手、ユーチューバー、投資家、漫画家、トップブロガー。

みんな下積時代を経てゼロから生まれてます。

マイナスがほぼほぼ無い状態から自分のために頑張ってね。

もちろん生活防衛資金のためにアルバイトくらいはしたでしょうけど。

考えてみてください。

サラリーマンからいきなり突然大成功した人を見たことありますか?

そんな人ほとんどいないでしょう。

少なくとも脱サラしてますからね。

 

会社に勤めて頑張っても会社の社長が喜ぶだけです。

あなたは会社からすると、子供騙し程度のインセンティブしか貰えないのです。

 

会社で頑張るのも、自分の為に頑張るのも同じです。

時間を捻出して自分自身にフルパワーのスイングで投資するのです。

 

サラリーマンが成功しない理由の一つは、はっきり言って会社に依存してるからですよ。

「私には家庭の事情もあるから今更そんなことできないよ。」

そう言うのでしょう。気持ちはわかりますよ。

理由としては90%くらいは、住宅ローン、保険、車のローン、があって、毎月の支払が山のようにあるから目先の給料を貰わなければいけないのでしょう。

だけどそれは、その道すらあなたが選んできた道ですよ。

進路変更するのもあなたしかいません。

言い訳をしたら一生成功できません。

 

みんなサラリーマンの状態で一生安泰だと思って、給料の許す限りローンを組んでみたり生計を立てたりしますけどこれは自分の首を自分で絞めてるだけなんでマジでやめたほうがいいです。

だから、会社にいるうちは、もはや会社を利用して給料を全額貯金してください。

投資の資金を捻出するのです。

将来のための資金です。安心材料です。

会社で働けなくなっても金だけは残ります。

金さえありゃなんとかなります。

贅沢する金ではありません。

 


 

 ホリエモンがベーシックインカム制度を提唱していますけどこれは大いに賛成です。

これは何かっていうと国が若者に対して最低限の支援をするという制度です。

そうすれば最低限の支援があるので、サラリーマンをしなくても最大限に自分の持ってるポテンシャルを引き出してやりたいことを頑張れるんじゃないかってことです。

 

サラリーマンが当たり前だと思っているのはマジで相当やばいです。

 

パンピーは永遠にパンピーなので、人と同じこと言ってるパンピーの意見を聞いていたら自分もパンピーになってしまうのでシカトすることです。

 

END

 

 

関連記事

 

 






                Copyright © ダウ部長の生涯投資家として生きる。 All rights reserved.