ダウ部長の生涯投資家として生きる。

ガチでリアルな資産運用ブログ。米国株・積立投資・為替

億万長者になるには短期投資は必須





ブログランキング
▸ 米国株ブログランキング

 

こんばんは、ダウ部長です。

 

ここで私が言っている億万長者とは少なくとも純資産5憶以上として喋っています。

 

私もメインの長期投資としては米国株を保有していて、毎月給料からドルコスト平均での買い増し、配当再投資で複利効果を最大化させています。

 

よく短期トレードなどの投機的な資産運用は危ないからやめろ、などといった声を聞くこともあるがはたして本当にそうだろうか。中には徹底的に短期トレーダーをバカにしてるやつもいる。

 

やつらの意見としては毎月徹底的に節約をして投資商品を買いましていき、配当再投資をして約7%くらいで運用し、それを30年永遠に続けるといったものだ。確かにその方法は間違いないし、最大化できるし、バフェットの教えに沿っている一つの最適解だ。

 

しかしながらその方法ではとんでもなく時間がかかる。年収1,000万円以上レベルの安定したリーマンなら30年間永遠に節約と積立運用を続ければ1憶くらいは貯まると思うが、時間がかかりすぎるのと退屈でしょうがない。ましてや年収の低いリーマンはもっと無理だ。

 

あと、バフェットが節約して永遠に株を買いますと言ってるけど、バフェットはバークシャーの会社の莫大な金を運用しているから富豪になっているのであって、バフェットがサラリーマンで自分の給料を永遠に積み立てて今の地位になったわけではないってことを考えた方がいい。だってバフェットが年収700万円から始めて節約積立を永遠に繰り返しても1000%今の地位までくることは無理。

 

じゃあどうすればいいかってことだけど、やっぱり短期トレードとかで資産を増やしにかかるべきだと思うんだよね。で、そこで儲かった金をかたっぱしから株や不動産などの長期資産に変えればいい。

 

30年も永遠に頑張ってたった1憶しかたまらないって、時間かかりすぎじゃないって思う。投資ってやっぱり圧倒的に成功してる人はリスクを少なからずとっている。

 

投資って結論からすると金を増やす目的でやるんだから、金を増やしたもん勝ちなんだよね絶対。だからぶっちゃけ増やせるんだったら方法はなんでもいいってことだ。FXだろうと信用だろうと、仮想通貨だろうとなんでもいい。とにかく勝ったやつが勝者。

 

ところが、いろいろ勉強したり知識がついてくると投資理論オタクみたいになって、あれはいい、これはダメだと言い出す。短期トレードや仮想通貨とかで億万長者になっている人もいるのに、そいつらはマグレだとか言い出す。私からするとそれはない。だって彼らは結論からすると手段はなんであれ投資で金を稼いだんだから。お前らにはできないことを彼らはやったわけだ。だから勝った。

 

確かにあまりにも何も知らないど素人のバカが仮想通貨でマグレで金を手にした件は私もムカつく。だけどそいつらは金を守る能力がないからまたすぐ無くなるから放っておけばいい。贅沢の限りを尽くしてすぐ無くなる。

 

あくまでも投資は金を貯めるための手段であって、ゴールではない。犯罪を犯したり、あまりにも無謀な掛けをしなければ手段はなんでもいい。いろいろなものに知識があるやつが圧倒的に早いのだ。

 

 

f:id:dowbucho:20180205014535j:plain

 

 

関連記事






                Copyright © ダウ部長の生涯投資家として生きる。 All rights reserved.