ダウ部長の生涯投資家として生きる。

ガチでリアルな資産運用ブログ。米国株・積立投資・為替

人は基本的に金融なんて興味ないんだなとおもった。





ブログランキング
▸ 米国株ブログランキング

こんにちは、ダウ部長です。

 

お金持ちになるにはお金について誰よりも勉強し、徹底的に考え抜き、そしてそれを実践していく必要があります。これは絶対的に必要な要素です。

 

しかしながら周りを見てみると口では金持ちになりたいと言っておきながら、金融などに触れると一目散に「私には向いていない」「危ない」などと口を揃えて言い始めます。

 

私の趣味などの友人関係においても資産運用に興味がある人などはおらず、ましてや投資家などはいません。割と一般的な会社員がほとんどです。

 

そしてそのほとんどの人は金融やお金について誰からも学んだことがないし、親から「人前で金の話をするな」といわれて一般的な家庭で育ってきた為に金融やお金は悪だと思っているのです。

 

 実際に友達との会話の中でやはり30代ですから貯金するのはもったいないから、資産運用にちょっと興味があると言う人もいます。

 

特に初心者には私のオススメはウェルスナビですから「ウェルスナビいいよ」といって教えてあげようとすると、もうその時点で拒否反応的な態度になるのがわかります。

 

人から薦められたりすると怪しいとしか思わない考えになっているのです。

 

そのくせ、最高レベルで難しい仮想通貨などには流行っているから、みんながやっているから、億万長者になったひともいる、などとありとあらゆる言い訳を自分に言い聞かせて大金をジャブジャブ投じるのです。

 

あれほど安全なウェルスナビをどこでどう考えたらウェルスナビが怪しいとか危ないとか思えるのかわかりませんが、一般人からするとある程度投資をやってるやつの発言など全く理解できないので詐欺や騙されるとしか思っておらず、キチガイなこと言ってるただのバカだとしか思われないのです。

 

そういう人たちは社交辞令で金の話をしただけですので、実際には全く金持ちになりたいなんて思っていないので、それ以上キチガイ扱いされないように今後は一言も金の話はしないようにしたほうがいいです。w 

 

最近では50代の会社経営者の人と話したときも、「オレは最近株や、為替を覚えた。おまえもやったほうがいいぞ」とか言い出した。www

 

笑っちゃいますよね。はい、わかりましたとしか返事しなかったけど。てか今まで全く一切知らなかったんですよ、投資。

 

ありえなくないですか?20代30代から会社経営してきたんですよ。社長でさえも会社で稼ぐ能力はあっても金融の知識はないってことですね。

 

やっぱりそういったところからも、日本人の金融リテラシーの低さってハンパ無く低いんだなって思いましたよ。

 

結局は社長になったとしても、自分が労働しているうちは‘‘r‘‘の世界にはいけないんだなって思いますね。

 

てゆうかサラリーマンでいくら働いてもほぼ間違いなく金持ちになれませんしね。

 

ま、唯一サラリーマンで金持ちになる道は

人的資本を最大化して年収を徹底的に上げる→無駄遣い、ランニングコストをなくす→全額長期投資にまわす。

 

これだけですね。

 

ただこれだけでもやはり5億以上に到達するのは至難の業だと思います。

 

長くなってしまったので終わりです。

 

私も頑張ります。

 

 

関連記事






                Copyright © ダウ部長の生涯投資家として生きる。 All rights reserved.